無垢材の家具は材料だけでも高価なので、なかなか手が出せないと敬遠されることも少なくありません。
捨てずに使い続けるというエコ的観点から考えれば、メンテナンス、修理をしながらできるだけ永く大事に使える無垢材の家具をたくさんの方に使って頂きたい。
そうは言っても買う側にとっては価格も家具を決めるうえでとても大事なポイントです。いいものを安心価格で。
「いいもの」の定義は人それぞれですが、アートクルーが考える「永く使い続けられる家具」がいいものであると思って頂けるのなら、
たくさんの方に喜んでいただけるリーズナブルな価格でご提供できるよう努力したい考えます。
そして、無垢材家具を選ぶということ「手間を惜しまず、面倒くさいを愉しむ」であることをご共感いただければうれしいです。

アートクルーオリジナルの輸入家具

荷受け コンテナ 家具輸入

インドネシアから直輸入したアートクルーの家具コンテナは、まず京都の工房兼倉庫へ到着します。
コンテナにびっしりと詰まった家具をアートクルースタッフと協力頂くサポートスタッフで荷下しし、開梱、商品チェックを行います。
お待ちかねの定番家具に新作家具。結構な重労働ですが、ワクワク、ドキドキのひとときです。
指示通り仕上がってくるものもあれば、うまく要望が伝わりきらなかったものもあり、中には長旅で壊れて到着するものもあります。
そしてどんな状態でもこれらすべてが大切な財産です。

お客様に見ていただくまでにはまだまだ作業が必要です。
開梱し、商品チェック。寸法、色仕上がり、強度、などコンディションの確認を行います。
破損しているものや、指示通り上がってこなかったものなども含めて、どのように商品化していくのか見極めます。
すべてはロスを出さないこと。大事な資源を無駄にしないことです。
どんな工夫が必要か、新たな展開を考えていくのも楽しい作業となります。
また入荷をお待ちのお客様には到着のお知らせが早々にできるよう、
お手入れも進めていきます。
資源を無駄なく加工修理出来るため、お客様には適正価格でご案内できます。

家具 新入荷 準備

アンティーク家具 ヴィンテージ家具

古家具も同様に高くて手が出せなくては使って頂けません。
高値で取引されるアンティーク家具は別格ですが、国を問わず、様々な時代を経てきた家具も再び使って頂くために、自社工房にてしっかりとメンテナンスすることで、できるだけリーズナブルに価格設定できることが自慢です。

また、オリジナル家具の買取をすることで、オリジナル家具をセカンドユーザー様への引渡しをすることができるのも、工房併設店舗であることの大きなメリットだと思います。

アンティーク家具 メンテナンス リペア 修理 加工 リメイク